Thu.06.01.2006


「いい写真がとりたい」といつのまにか、ずれた結果を求めている自分がいました。
ここでいう「いい写真」というのは多くの人が「いいね」といってくれる写真です。
カメラのことなんてろくすっぽ知りません。(かっこから入るタイプです。)

僕がカメラを買おうと思ったのは自分のまわりの大切な人だったり
幸せだと感じる瞬間だったり、自分がきれいだと思うものだったりを
残したかったからです。それが自分にとっての「いい写真」。
けして人に褒めてもらうためではありませんでした。

そのことにふと気付いたので、またいつか同じように傲慢になった自分のために覚書。
本来の目的を忘れずに自分の感性のままに「いい写真」をとり続けていこう。
そうやって撮ったものをいいと思ってくれる人がいたらそれは幸せ。

通勤途中のそらは今日もきれいでした。(わかりにくいけど。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

WP-SpamFree by Pole Position Marketing